【本のタイトル】

徴兵・核武装論 上

購入はこちら
amazon 楽天
 
【著者】
浅井 隆
【定価】

1600円+税

【ISBNコード】

ISBN978-4-86335-189-9

   【内容】
 

私たち日本人はどうすべきか

我が国が抱える致命的問題とは、
第一に財政破綻リスクであり、
第二は自衛隊そのものの防衛・戦闘力に関わるものだ。
この2つを現政権が正しく認識しているかどうかは、
はなはだ疑問だ。
将来この国が直面する巨大リスクを真剣に考え、
防衛大臣も経験し、国防の専門知識が豊富な石破茂衆議院議員と
経済ジャーナリスト浅井隆が
これからの日本のあり方について、おおいに語り合う。

   
   【目次】
 

プロローグ
第1章 石破茂VS浅井隆 対談
第2章 イスラエルと日本、どちらが危険か
第3章 自衛隊の真実
第4章 徴兵、皆兵の歴史と世界の実情

 
【編集者の声】

「徴兵・核武装論」――
一見、物騒なタイトルであるが、
本書は「徴兵制を実行しろ、核武装を断行せよ」と主張するものではない。
日本が直面する巨大なリスクを理解し、議論を巻き起こし、
危機感を呼び起こすことを目的として書かれたものである。
元防衛大臣石破茂氏と著者である浅井隆が
「北朝鮮の核ミサイル問題」「中国の軍事的膨張と覇権大国への野望」
「アメリカの長期的衰退と外交の崩壊」
そして「日本の財政問題」をテーマに本音で対談した。
現職総理大臣と総裁選で対峙したばかりの石破氏の率直な考えは、
将来の日本を左右するものとなるかもしれない。
現状を知り、この国の未来をより良いものにするためには
どうしたらよいかを考えるための一冊である。

 
【営業のコメント】

安倍首相が10月の訪中に向けて調整を進めているという報道がありました。
朝鮮半島の非核化や経済圏構想「一帯一路」を念頭に入れた経済問題、
そして尖閣諸島を含む東シナ海情勢など、
中国と日本の両国の関係改善のための課題は多々あります。
そんな中、『徴兵・核武装論〈上〉〈下〉』を中心に書店様にご案内をしました。
9/20に総裁選を控えている石破茂衆議院議員と
浅井隆が激論を交わした対談が収められている本書は、
多くの担当者様に興味を示していただき、
商談は大変盛り上がり多くの受注を頂きました。
我が国が抱える致命的問題とは、
第一に財政破綻リスクであり、
第二は自衛隊そのものの防衛・戦闘力に関わるものです。
この2つを現政権が正しく認識しているかどうかは、はなはだ疑問です。
将来この国が直面する巨大リスクを真剣に考え、
防衛大臣も経験し、国防の専門知識が豊富な石破茂衆議院議員と
経済ジャーナリスト浅井隆が
これからの日本のあり方について、おおいに語り合います。

 
*全国の書店で販売しておりますが、お手に入らないこともあります。
確実に入手されたい方はぜひこちらからお申込ください。
 
書籍ページへ戻る ←前へ 次へ→