【本のタイトル】

2020年世界大恐慌

購入はこちら
amazon 楽天
 
【著者】
浅井 隆
【定価】

1600円+税

【ISBNコード】

ISBN978-4-86335-188-2

   【内容】
 

備えよ、手を打て、早く逃げろ!

今年2月の世界的な株の大暴落は、単なる「前兆」にすぎない。
「本番」は2019年後半から2020年にやってくる。
次にやってくる危機は、あのリーマンショックをも上回る
史上最大の経済事件となる可能性が高い。
全財産を失う前に今すぐ資産防衛に着手し、
生き残るために備えを万全にすべきだ!

   
   【目次】
 

プロローグ
第1章 世界は火種に覆われている――いよいよ恐怖の幕があく
第2章 バブル狂騒曲――不動産、株、ビットコイン、美術品……
第3章 2006~2009年、リーマン・ショック前後に起きたこと
第4章 世界経済が抱える史上最大の債務
第5章 「恐慌」経由「国家破産」――今後起きること
第6章 資産家は恐慌時に生まれる!!
エピローグ

 
【編集者の声】

今年は2008年のリーマン・ショックからちょうど10年目にあたる。
全金融システム崩壊の可能性もあったリーマン・ショックが、
これから起きる「経済事件」のすべての始まりだったと著者・浅井隆は言う。

リーマン・ショック時、世界恐慌を防ごうと世界中の政府と中央銀行が
前代未聞の財政出動と金融緩和を行なった結果、
その時は奏功し、世界恐慌には至らなかった。
だが、そのせいで世界中のあらゆる国々はとんでもない額の借金を抱えることになり、
不動産と株はバブル化してしまった。
今や、借金もバブルも史上最大にまで膨れ上がっている。
これが崩壊したら世界経済は大混乱に陥り、
史上最大規模の大恐慌がやってくるだろう。

それはいつか? 
それこそ「2020年 世界大恐慌」なのである。
多少前後はしても、必ず恐慌はやってくる。
大切な自分の命を、家族を、財産を守るために本書を熟読し、
今すぐ行動を始めていただきたい。

 
【営業のコメント】

6/12米朝首脳会談開催は二転、三転していますが、
経済制裁解除、非核化、独裁政権の体制保障など、
簡単ではない内容だらけです。
多くのビジネス書担当者様たちも気になっている様子で、
この会談が成功に終わるのか、失敗に終わるのかが、よく話題になります。
結果次第で「北朝鮮関連の書籍が多数、発刊されるかも」という担当者様もいらっしゃいました。
そんな中、今回は新刊『2020年 世界大恐慌』のご案内を中心に書店様を訪問しました。
既刊である『浅井隆の大予言〈上〉〈下〉』『第2のバフェットか、ソロスになろう!!』が
店頭で順調に売れていることもあり、商談は順調に進み、
既刊の追加注文と共に新刊『2020年 世界大恐慌』の注文も数多く頂くことが出来ました。

今年2月の世界的な株の大暴落は、単なる「前兆」にすぎません。
「本番」は2019年後半から2020年にやってくるのです。
次にやってくる危機は、あのリーマンショックをも上回る
史上最大の経済事件となる可能性が高いでしょう。
全財産を失う前に今すぐ資産防衛に着手し、
生き残るために備えを万全にしなくてはいけません。

 
*全国の書店で販売しておりますが、お手に入らないこともあります。
確実に入手されたい方はぜひこちらからお申込ください。
 
書籍ページへ戻る ←前へ 次へ→