【本のタイトル】

国家破産で起きる36の出来事

国家破産で起きる36の出来事
購入はこちら
amazon 楽天
 
【著者】
浅井 隆
【定価】
1500円+税
【ISBNコード】

ISBN978-4-86335-143-1

   【内容】
  前著『2015-16年国家破産パニック!!』では、
いつ国家破産してもおかしくない日本の状況と
破綻までのシミュレーションをお伝えした。
15年にわたり実際に国家破産したすべての国を現地取材した
経済ジャーナリスト“浅井隆”が、
国家破産によって引き起こされる“36の驚愕の出来事”を
本書で公開する。
   
   【目次】
  プロローグ

第1章
 実はこの800年で世界中の国々が破綻してきた!!

第2章
 日本国債暴落を狙う人々

第3章
 国家破産で起きる36の驚くべき出来事

第4章
 悲劇の実例・100~7000%のインフレ――ロシア、トルコ、アルゼンチン

第5章
 悲劇の実例・1兆%のハイパーインフレ――ドイツ、ジンバブエ

エピローグ 

 
【浅井隆からのメッセージ】

こんにちは浅井隆です。

いよいよ国家破産シリーズ第2弾を出版いたします。
国家破産シリーズ第1弾の前著『2015-16年国家破産パニック!!』は、
アマゾンの財政学ジャンルで2度も第1位を記録し、
丸善&ジュンク堂書店では経済評論のジャンルでベストテンに入っています。
国家破産に関してかなり詳しく書いた本ですがよく売れており、
多くの皆様が興味を持ってくれているのだと思います。

今回のシリーズ第2弾『国家破産で起きる36の出来事』では、
国家破産が起きた時にどんなことが起きるのか、
具体的に36の項目にわけて、“預金封鎖”や“すさまじい二極分化”など、
誰もが興味を持ち、心配していることについて述べました。
36の出来事の中で特に注目していただきたいのは、
“引き出し制限”“国債の暴落”“大増税”“海外へのキャピタルフライトの規制”
“大不況”“治安の極端な悪化”“ハイパーインフレ”“老人の貧困化”“為替の大変動”
“物々交換、ドルの流通”“すさまじい二極分化”“IMFの介入”です。
もし、“IMFの介入”があれば、預金封鎖、新円切り替え、国債のデフォルトなど、
とんでもないことを断行する可能性もあります。

私が15年かけて取材した国家破産した国々は、
ベトナム、トルコ、ロシア、アルゼンチン、
そして1兆%のハイパーインフレに見舞われたアフリカのジンバブエです。
アルゼンチンは親友に取材してきてもらいましたが、
それ以外の国はすべて私自身が現地に入り、具体的に現地の人たちに直接インタビューし、
取材した情報をまとめました。
本書は、世界で類を見ない書籍だと思います。
この本を読むことによって、本当に必要な国家破産対策がわかってくると思います。
そういう意味でも大変貴重な本ですので、5回は精読し、
皆様の血となり肉としていただき、国家破産時代を生き残っていただきたいと思います。

国家破産のスタートは、2015年から2016年くらいでしょう。
今年もあと数ヵ月で終わってしまうので、あと2年しかないというわけです。
今年1番読まなくてはならない、全国民必読の書であるといえるでしょう。

 
【編集者の声】
国家破産時代に備えるシリーズの第2弾。
いよいよ具体的な内容へと話は進む。
もし国家が破産したら、一体何が起きるのだろう。
我々の日常はどのように変化してしまうのだろうか。
日本が抱えてしまった借金額を考えれば、いつか破産することは容易に想像できる。

しかし、だからといって 何をすればよいのか分からないという人が大半ではないだろうか。
巷間情報はあふれているものの、その内容は一様ではない。
何を信じればよいのかさえ分からない。
結局、「まあ、何とかなるだろう」という根拠のない思い込みで日々をやり過ごしてしまう。

「激動の時代を生き残るためには、物事の本質をつかまなければならない」。
著者は冒頭から警告する。
まずは国家破産時に何が起きるのか、把握することから始めよう。
そうすることによって自分自身の生活資金、老後資金を守る具体策が見えてくるのだ。
長年にわたる取材を基に、浅井隆が導き出した「物事の本質」が凝縮した大著である。
 
【営業のコメント】

9月も半ばを過ぎ、ようやく朝晩は涼しくなってきました。
昼間のセミの声はおとなしくなり、夜は鈴虫やキリギリスの声がにぎやかになってきました。
少しずつですが、確実に季節の移行が感じられます。

そんな中、今回書店様には、
新刊『国家破産で起きる36の出来事』を中心にご案内しました。
前著『2015-16年国家破産パニック!!』は、おかげさまで販売数が5万部を超え、
多くの書店様でも売り上げ上位に入っています。
そのシリーズ第2弾ということもあって、
前著『2015-16年国家破産パニック!!』よりも多くのご注文を頂きました。

前著『2015-16年国家破産パニック!!』では、
いつ国家破産してもおかしくない日本の状況と破綻までのシミュレーションをお伝えしました。
15年にわたり実際に国家破産したすべての国を現地取材した経済ジャーナリスト“浅井隆”が、
国家破産によって引き起こされる“36の驚愕の出来事”を本書で公開します。
生き残りのための決定版シリーズ第2弾!!です。

 
*全国の書店で販売しておりますが、お手に入らないこともあります。
確実に入手されたい方はぜひこちらからお申込ください。
 
書籍ページへ戻る ←前へ 次へ→