【本のタイトル】

中東暴発で第3次石油パニック襲来!

中東暴発で第3次石油パニック襲来!
購入はこちら
amazon 楽天
 
【著者】
浅井 隆
【定価】
1400円+税
【ISBNコード】

ISBN978-4-86335-140-0

   【内容】
  金利上昇と円安でついに日本国破産!
核兵器開発が疑われるイラン。
米欧の制裁に反発し、
海上原油輸送の要であるホルムズ海峡の封鎖をにおわせている。
イスラエルはイランの核施設を攻撃するのか。
もし戦争が勃発し、原油が入ってこなくなれば
世界中が大パニックにおちいり、
日本の製造業は壊滅状態になるだろう。
いよいよ日本は、国家破産へ突入してしまうのか!?
   
   【目次】
  プロローグ

第1章
 ホルムズ海峡が封鎖される日―イスラエルはイラン核施設を空爆するか

第2章
 ガソリンは1リットル=300円になる!?―原油はどこまで上がるのか!?

第3章
 東日本大震災の1000倍の破壊力―ホルムズ海峡封鎖で日本経済壊滅

第4章
 トイレットペーパーがスーパーから消えた日
   ―第1次・第2次オイルショックの教訓

第5章
 今後10年は地政学的リスクに注意せよ―本当のリスクとは何か

第6章
 世界的危機からあなたの財産を守る方法
   ―激動の時代を生き抜く本当のノウハウ

エピローグ 

 
【浅井隆からのメッセージ】

皆様、こんにちは。浅井隆です。

まだ日本のマスコミではほとんど報道されていませんが、
海外、特に欧米先進国で今、不気味な噂が広がっています。
それは近い将来、もしくは数ヵ月以内に、
イスラエルがイランの核施設を空爆するのではないかということです。
既にイスラエルとイランの口頭での応酬はお互いに激しくなっており、
イスラエル側は「イランへの先制攻撃は脅しではない」といい、
それに対しイラン側は「イスラエルを地図上から消し去る」という、
一触即発の状況になっています。

イスラエルはご存知のようにユダヤ人が作った国で、
第二次大戦中にナチスドイツから迫害され、抹殺されそうになったわけです。
その根底にある恐怖が、イランが核兵器を持てば必ず将来、
イスラエルを核攻撃すると思わせているので、
{イスラエルは恐らく年内にイランの核施設を空爆するでしょう。

その場合、日本が世界で一番被害を受けます。
もちろん、世界経済全体がパニックになりますが、
日本に輸入される原油の85%は、イランの目の前のホルムズ海峡を通ってくるのです。
そして天然ガスもかなりの部分がホルムズ海峡を通ってきます。
日本には石油備蓄が200日あるといっても、
恐らく原油価格が暴騰し、日本経済は壊滅的被害を受けるでしょう。

というわけで、この中東有事によって
東日本大震災の1000倍の経済的被害を受けることになると思います。
その際、どうすれば生き残れるか? 
この本をぜひ読んでいただき、参考にしていただきたいと思います。 

 
【編集者の声】
核開発疑惑のあるイランに対し、欧米は経済制裁でそれを阻もうとしている。
イスラエルは核施設の空爆も辞さないと、イランに対して終始強気の姿勢を崩していない。
もしも反発したイランがホルムズ海峡を封鎖したら、
原油の80%以上を中東に頼っている日本は、間違いなく大打撃を受ける。

1970年代、日本は2度のオイルショックを体験した。
ガソリン価格はもちろんのこと、あらゆる物価が上がり、
物不足による不安心理が一層パニックを大きくした。
もしも第3次オイルショックがやって来たら、我々はそれ以上の苦境に立たされることになるだろう。
デフレから一転インフレへと向かい、あらゆる商品が姿を消してしまうかもしれない。
金利が上昇し、円安へと転じた挙句、国家破産へと突き進むことさえ絵空事ではないのだ。
その可能性を視野に入れ、もっと真剣に情報を収集し、
対応策を考えるべきと警鐘を鳴らした書である。 
 
【営業のコメント】

4月も終わるころになって、ようやく暖かな日が多くなってきました。
もうすぐ待望のGWも始まります。

書店の店頭では《入園・入学・フレッシュマンフェア》や
《4月始まりの手帳》などのイベントから、
《春のピクニック特集》や《快適に梅雨を過ごそう!》などのイベントに替わり、
ビジネス書がご案内しにくくなってきました。

そんな中、今回書店様には、
新刊『中東暴発で第3次石油パニック襲来!』を中心にご案内しました。
日本のメディアでは、あまり大きく取り上げていないため、
ご担当者様の中には、「今、中東はこんな危険な状態になっているんだ」や
「ガソリンは大丈夫かな?」「浅井隆はどこから情報を得ているんだい?」などの驚きと、
不安の声を多数頂きながらの商談になりました。

核兵器開発が疑われるイラン。
米欧の制裁に反発し、海上原油輸送の要であるホルムズ海峡の封鎖をにおわせています。
イスラエルはイランの核施設を攻撃するかもしれません。
もし戦争が勃発し、原油が入ってこなくなれば世界中が大パニックにおちいり、
日本の製造業は壊滅状態になるでしょう。
いよいよ日本は、国家破産へ突入してしまうのでしょうか!?

 
*全国の書店で販売しておりますが、お手に入らないこともあります。
確実に入手されたい方はぜひこちらからお申込ください。
 
書籍ページへ戻る ←前へ 次へ→