【本のタイトル】

瞬間30%の巨大インフレがもうすぐやってくる!!

購入はこちら
amazon 楽天
 
【著者】

浅井 隆

【定価】

1870円(税込 10%)

【ISBNコード】

ISBN978-4-86335-217-9

  【内容】
 

約40年ぶりのインフレが私たちの生活を破壊し資産を食い尽くす!!

長期にわたってデフレと低金利にどっぷり浸かっていたため、
「インフレなんてものはもうやって来ない」と誰もが思っている。
しかし、すでに海外主要国では物価高騰による
インフレが始まっており、日本でも2-3年以内にインフレが
やってくる可能性が高まっている。
経済も資産も大きな損傷を受けるだけでなく、
巨額な借金を背負っている日本国政府はじきに国家破産するだろう。
すさまじい破壊力を持つインフレ。
デフレに慣れ切った私たちの生活と資産を守り
生き残るための対策を公開する。

   
  【目次】
 

プロローグ
第1章 40年ぶりの大転換 資産を食い尽くすインフレがやってくる!!
第2章 1970年代、悪夢のインフレ
第3章 デフレと低金利にあまりにも長く浸り過ぎた日本
第4章 金利は6%を超え、日銀が破綻する可能性も
第5章 日銀破綻で、1ドル=360円に回帰か!?
   すさまじい円安と輸入インフレが襲う未来
第6章 あなたの資産は急激なインフレに耐えられるか
エピローグ

 
【編集者の声】

日本は長期間のデフレと低金利に慣れ切ってきた。
だが、アメリカをはじめとする諸外国ではすでにじわじわとインフレが始まっており、
長期金利も上昇し始めた。
日本だけがこのままデフレと低金利の状態が続くというのはあり得ない。
今、日本の中央銀行である日銀は、500兆円を超える日本国債を抱えている。
インフレになれば、当然金利が上がる。
そうなると日本国債は暴落し、それによって日銀は債務超過に陥り破綻してしまうことだろう。
だから、金利を上げることができない。
だが、上げなければインフレを抑えることができない……。
放置すれば日本は事態だけがどんどん悪化していく地獄のような
ハイパーインフレに突入するだろう。
その時、私たちはどうすれば生き残ることができるのか。
本書を最後まで熟読し、備えていただきたい。

 
【営業のコメント】

今年も猛暑や大雨による被害が世界各地で起きています。
日本でも北海道で干ばつによる農作物の不作や
九州・中国地方を襲った大雨による川の氾濫・土砂崩れ……。
また、産地の天候不順などによる油脂高騰で
マーガリンやホイップクリームの値上げを発表する企業も出てきました。
食料品・原料品・化学製品などあらゆる分野を輸入に頼っている日本に
インフレが襲い掛かるのも、そう遠くないでしょう。
そんな中、今回ご案内したのは新刊『瞬間30%の巨大インフレがもうすぐやってくる!!』です。
担当者様からは「価格は変わっていないが中身が少なくなっている商品がある」
「野菜が高くなってきていると家内が言っていた」
「住宅資材価格などが上昇しているというニュースを見た」など
身近に迫ったインフレを感じ取っている担当者様も多く、
商談は順調に進み、多くの注文を頂くことが出来ました。

長期にわたってデフレと低金利にどっぷり浸かっていたため、
「インフレなんてものはもうやって来ない」と誰もが思っています。
しかし、すでに海外主要国では物価高騰によるインフレが始まっており、
日本でも2-3年以内にインフレがやってくる可能性が高まっています。
経済も資産も大きな損傷を受けるだけでなく、
巨額な借金を背負っている日本国政府はじきに国家破産するでしょう。
すさまじい破壊力を持つインフレ。
デフレに慣れ切った私たちの生活と資産を守り生き残るための対策を公開します。

 
*全国の書店で販売しておりますが、お手に入らないこともあります。
確実に入手されたい方はぜひこちらからお申込ください。
 
書籍ページへ戻る ←前へ