【本のタイトル】

新型肺炎発 世界大不況

購入はこちら
amazon 楽天
 
【著者】
浅井 隆
【定価】

1700円+税

【ISBNコード】

ISBN978-4-86335-204-9

   【内容】
 

あなたの預金を守れ! コロナショックで連鎖倒産

2019年秋から中国・武漢で秘かに始まっていた新型コロナ肺炎が今、全世界に大打撃を与えている。
健康被害はもちろんのこと、株価の乱高下、資金の流出という
金融界の動きと共に物流と人々の往来は止まり、
サービス業、製造業、運輸業をはじめ各業界が
「リーマン・ショック以上」の衝撃に身動きがとれずにいる。
この新しい“経済災害”の被害は計り知れない。
この中国発の肺炎パニックは、世界恐慌の火ぶたを
切って落としたのかもしれない。
この大混乱を生き延び、未曽有の大災害の中でも
チャンスを見出すサバイバルの手法を述べる。

   
   【目次】
 

プロローグ
第1章 日本経済の惨状
第2章 鼓動が止まる世界の人的移動
第3章 東京オリンピック中止の衝撃と逆経済効果
第4章 絶体絶命の習近平
第5章 武漢はハイテク、自動車部品の重要拠点
第6章 香港経済壊滅
第7章 北朝鮮は国家存亡の危機
第8章 あと一押しで世界経済は崩壊する
第9章 サバイバルの極意
エピローグ

 
【編集者の声】

「新型コロナウイルス」が全世界を襲っている。
新型だから、もちろんワクチンも特効薬もない。
そのうえ、感染力が強く持病がある人、高齢者、免疫力が弱い人が重症化する可能性が高い。
中国発といわれるこの感染症は、いまやアメリカやヨーロッパの国々が
非常事態宣言を出すほどのパンデミックとなり、全世界の人や物の流れを停滞させ、
健康被害だけでなく経済にも影響が出始めている。
日本国内でも、ディズニーリゾートやUSJが休園し、7月に控えていた東京オリンピックでさえも
1年後に延期せざるを得なくなった。また、国内外を問わず旅行や出張がキャンセルになっている
旅行業界、大型イベントの中止要請が出ている各種イベント業界、人々が外出を控えているため
客足の落ちた飲食業をはじめ、他の業種も刻々と状況が悪化し、
日経平均も新型コロナウイルスが問題になる以前と比べると7000円以上下落した。
旅館などをはじめ倒産・破産するところも出始めているが、
このまま行けばその数は増える一方だろう。
このまま行ったら世界大恐慌も絵空事ではない。
FRBも日銀も食い止めようと必死だが、すでに大不況の序章は始まったと思ってよいだろう。
本書では、この未曽有の経済危機にどのように対応したらよいか詳しく解説している。
今すぐ本書を熟読し、「新型コロナ肺炎発」の世界大不況に備えてほしい。

 
【営業のコメント】

新型コロナウイルスの感染拡大により、ダウ平均の大暴落、
日経平均も一時1万7000円を切るなど、全世界の経済活動で深刻な影響が出ています。
国内では、観光業や飲食業、小売業などありとあらゆる業種で大きなダメージを受け、
閉店や倒産のニュースも目にするようになってきました。
多くの書店様では時短営業を行っており、来店客数も減っているようで
厳しい状況が続いているようでした。
そんな中、緊急出版が決まった『新型肺炎発 世界大不況』を中心に書店様にご案内しました。
緊急出版のため、書店様へご案内する期間が短くなってしまいましたが、
「今後、世界や経済がどう変わって行くのか知りたい」や「きっかけはともかく、
本当に恐慌が起こりそうだ」などの声をいただき、順調に商談は進みました。
また、昨年後半に発刊した『株大暴落、恐慌目前!』『2020年の衝撃』は
「浅井隆の予測通りになっている」と再び、多くの注文をいただくことが出来ました。

2019年秋から中国・武漢で秘かに始まっていた新型コロナ肺炎が今、
全世界に大打撃を与えています。
健康被害はもちろんのこと、株価の乱高下、資金の流出という金融界の動きと共に
物流と人々の往来は止まり、サービス業、製造業、運輸業をはじめ各業界が
「リーマン・ショック以上」の衝撃に身動きがとれずにいます。
この新しい“経済災害”の被害は計り知れません。
この中国発の肺炎パニックは、世界恐慌の火ぶたを切って落としたのかもしれません。
この大混乱を生き延び、未曽有の大災害の中でもチャンスを見出すサバイバルの手法を述べます。

 
*全国の書店で販売しておりますが、お手に入らないこともあります。
確実に入手されたい方はぜひこちらからお申込ください。
 
書籍ページへ戻る ←前へ 次へ→