【本のタイトル】

2017年の衝撃<上><下>

2017年の衝撃上
購入はこちら
amazon 楽天
 
【著者】
浅井 隆
【定価】
1300円+税
【ISBNコード】
ISBN978-4-86335-162-2
2017年の衝撃下
購入はこちら
amazon 楽天
 
【著者】
浅井 隆
【定価】
1400円+税
【ISBNコード】
ISBN978-4-86335-163-9
   【内容】
 

その時、あなたの資産は半分になる!

私は20年近く前から日本国の財政問題について警鐘を鳴らしてきた。その間、この国は問題を先送りし、対策を講じなかった。そしていよいよ我が国の天文学的借金だけではなく、世界の民間債務危機や中国経済の減速と相まって壮大な津波が迫ろうとしている。その時、日本人は最大級の被害を被る(被害に遭う)可能性が高い。では、何が起き、何をすれば助かるのか?
 その全貌と生き残りの方法を上・下巻で解説する。

   
   【目次】
 

<上>
プロローグ 
第一章 GDP300%の借金、迫りくる国家破産
第二章 日銀資産500兆円の衝撃
第三章 世界の民間債務が歴史上最大に
第四章 世界恐慌か巨大インフレか

<下>
第五章 3・11の再来――天災の時代がやってきた
第六章 地政学リスクの脅威――動乱と戦争の世紀
第七章 サバイバルの法則
エピローグ

 
【編集者の声】

 本書の編集中、ギリシャが事実上デフォルトした。IMFは返済されるまで新たな金融支援は行なわないと明言し、改革を求めているが、国民投票で「No」という結果の出たギリシャでユーロ圏に留まれるような改革ができるのかははなはだ疑問である。その陰でプエルトリコもデフォルト寸前までいき、中国株が暴落を始めた。世界経済はこの数週間で激変している。

 「2017年の衝撃」〈上〉のオビには、それこそ衝撃的な文が並んでいる。「ギリシャの次は日本だ!!」。GDP比250%もの借金をしている日本にとって、ギリシャの金融危機はまさに「明日は我が身」である。では、その「明日」はいつなのか。様々な前例やデータ、現状から2017年頃、遅くとも東京オリンピックが開催される2020年までには始まるだろうと本書の著者である浅井隆は予測する。

 本書には近い将来訪れるであろう「その日」までに一体何が起きるのか、何を準備したらパニックを乗り切れるのかが詳細に書かれている。上巻では前者について、下巻では後者についてこれまで浅井隆が断片的に述べてきたものを体系的にまとめ上げてあるので、ずっと読んできてくれた読者には特に理解を深めていただけることだろう。もちろん、初めて読む人にとっては驚きと共に気付きと対策の必要性を感じてもらえるはずだ。本書を熟読してポイントを押さえつつ、「明日の日本の姿」としてギリシャで今後何が起きていくのかを注視してほしい。そして、あなたの財産を守るための準備を始めていただきたい。

 
【営業のコメント】

 この時期特有のまとわりつくような雨と湿気の中での営業は、毎年の事ながら体力を消耗させます。早く梅雨が明けて欲しいなぁ~と思いつつ、気合を入れて書店様に向かいます。
 そんな中、今回は新刊『2017年の衝撃』〈上〉〈下〉を中心にご案内をしました。浅井隆のトレンド本でもあり、前著『いよいよ政府があなたの財産を奪いにやってくる!?』が品切れ、増刷するほど現在も動きがあるため、〈上〉〈下〉同時発売にも関わらず、書店様から多くの注文を頂き、商談は順調に進みました。

 浅井隆は20年近く前から日本国の財政問題について警鐘を鳴らしてきました。その間、この国は問題を先送りし、対策を講じませんでした。そしていよいよ我が国の天文学的借金だけではなく、世界の民間債務危機や中国経済の減速と相まって壮大な津波が迫ろうとしています。その時、日本人は最大級の被害に遭う可能性が高いのです。では、何が起き、何をすれば助かるのか? その全貌と生き残りの方法を〈上〉〈下〉で解説します。

 
*全国の書店で販売しておりますが、お手に入らないこともあります。
確実に入手されたい方はぜひこちらからお申込ください。
 
書籍ページへ戻る ←前へ 次へ→