【本のタイトル】

財産のキレイな残し方

財産のキレイな残し方
購入はこちら
amazon 楽天
 
【著者】
浅井 隆
+老後安心クラブ
【定価】
1500円+税
【ISBNコード】

ISBN978-4-86335-134-9

   【内容】
  超高齢社会を迎え、相続問題は多様化し、
その複雑さは増すばかりだ。
身内同士の壮絶な争いで、
常識では計り知れないような問題が起こっている。
相続対策は、「うちは家族円満だから」「大した資産はないから」
「そのうちやればよい」などと甘く見積るのは危険。
どのような対策をとれば
次の世代に自分の遺志と財産を上手に託せるのか。

人生の総決算に向け、
様々な相続トラブルの実例、相続に対する考え方、基礎知識、
そして誰に相談すればよいのかなど、上手な備え方を伝える。
   
   【目次】
  プロローグ

第1章 相続を巡る骨肉の争い

第2章 変容する日本社会

第3章 21世紀の相続観

第4章 おさえておきたい相続における事項や制度

第5章 相続に王道あり――正しい相談相手選びが成功の秘訣
    
エピローグ 

 
【浅井隆からのメッセージ】

皆さんこんにちは、浅井隆です。

今回は、相続に関する書籍を発刊いたしました。
最近は相続のトラブルが非常に多く発生していて、
恐らく10年後には、日本ではこの話題で持ちきりになるのではないかと思われます。
ご存知の方も多いと思いますが、
1年ほど前、大阪府豊中市で資産家の姉妹2人が餓死するという、大変痛ましい事件がありました。
これは亡くなったお父様の財産の残し方の失敗が原因でした。
中でも、不動産がらみの財産があったために、全てを失わざるを得なかった悲惨な事件です。

相続に関して、実際に起きていること、相続人に対する考え、相続のノウハウ、
正しい知識を本書には盛り込みました。
皆さんの子孫を守るためにも、ぜひお読みいただき、
相続に対する正しい情報を身につけていただきたいと思います。

 
【編集者の声】
「相続対策」と聞いても、
立派な屋敷や不動産を沢山持っているならいざしらず、
自分には関係ないと思う方は案外多いのではないだろうか。
しかし、財産の多寡にかかわらず、家族間のトラブルは後を絶たず、ますます複雑化してきている。
加えて相続税の増税が現実味を帯びてきており、一層身近な問題としてのしかかってきた。
正しい情報を基に、家族が幸せに暮らせるよう差配するのは財産を譲る側の責任だ。
もしその方法を誤れば、一番大切な家族を地獄へ突き落としてしまう事にさえなりかねない。

相続とは、その人の生き方が問われる人生最大の事業だと著者は説く。
一体どのようなことがトラブルに発展してしまうのだろう。
どのように対応すればよいのか、防止策はあるのかなど、
具体例を挙げながら注意点を平易に紹介した相続の指南書である。
 
【営業のコメント】

今年のカレンダーも残り1枚になりました。
以前ほどではありませんが、店内やショッピングセンターはXmasソングが流れ、
ディスプレイも赤、緑、金のモールやかわいらしいオーナメントで飾られたツリーが目に付くようになりました。

そんな中、書店様には、
新刊『財産のキレイな残し方』を中心にご案内しました。
ビジネス平台が“スティーブジョブズ”一色の中に割り込んでいくには、
いつも以上の努力と時間が必要でした。
その甲斐あってか、書店様からは予想以上に反応が良く、
「他社から発刊されている〈エンディングノート〉などと一緒に展開するよ」などの声を多くいただきました。

本書では、相続の失敗で残された家族を地獄へ追いやらないための“秘策”を伝えます。

 
*全国の書店で販売しておりますが、お手に入らないこともあります。
確実に入手されたい方はぜひこちらからお申込ください。
 
書籍ページへ戻る ←前へ 次へ→