【本のタイトル】

9・11と金融危機はなぜ起きたか!? 下

9・11と金融危機はなぜ起きたか!? 下
購入はこちら
amazon 楽天
 
【著者】
浅井 隆
【定価】
1600円+税
【ISBNコード】

ISBN978-4-86335-119-6

   【内容】
  上巻で明らかにされた故・村山節の「800年周期説」。
「21世紀は動乱と天変地異の時代になる」と言い残した
村山氏の予言通り、今、世界は混沌とした時代に入ってしまった。
そんな中、私たちは時代とどう対峙し、生き抜いていけばいいのか。
来るべき「アジアの時代」を語り、
いよいよ「9.11」と「金融危機」の因果を解き明かす。
   
   【目次】
  第6章
 アメリカの運命――ドルは暴落するか!? 恐慌後の大国の運命

第7章
 中国の巨大バブル崩壊
 ――アメリカから中国へ覇権が動く時、世界が震撼する!?

第8章
 動乱の21世紀――人類の運命、EUの運命 

第9章
 人類文明1万年は間もなく終焉する――氷河期の到来

エピローグ
 9・11はなぜ起きたか――1200年と2000年に隠された暗号

 
【編集者の声】

『9・11と金融危機はなぜ起きたか!?〈上〉』発刊以来、数多くのお問い合せをいただき、
ようやく〈下〉を上梓した。

「9・11同時多発テロ」や「アメリカ発の金融危機」といった大事件を、
歴史的な流れから読み解いたところに同書の意外性がある。
その根拠になっているのが、800年周期で東西文明の起伏がクロスするという考え方だ。
過去から現代を検証し、同じ方法で現代の事象から将来を予測する。 

昨今、弱体化が懸念されるアメリカやドルはどうなっていくのか。
経済発展が著しい中国はこのままの勢いで世界を席巻するのか、はたまたこれはバブルなのか。
著者の問題提起は地球全体の営みにまで及ぶ。
地球温暖化が帰結するものは氷河期の到来か、
なぜ人類は1万年もの歴史を持つことができたのかなど、
まったく関係のない事象だと思われる一つひとつが、
歴史の法則による必然だったのだと驚嘆させられる。 


閉塞感漂う現代に生きる我々が、未来を予測できる一筋の光。
そういう観点から是非この書をご一読いただきたい。 

 
【営業のコメント】

梅雨の雨と蒸し暑さと戦いながら、書店様を訪問しています。
コンビニやビルの前を通った時、自動ドアが開いてヒンヤリした風が流れてくると無性に嬉しくなってきます。

今回、ご案内いたしますのは、
昨年8月に出版いたしました『9・11と金融はなぜ起きたか!?〈上〉』の下巻
『9・11と金融はなぜ起きたか!?〈下〉』です。

ついにというか、ようやくというか、
書店担当者様や読者様を大変お待たせいたしましたこと深く反省し、お詫び申し上げます。

書店様にご案内すると
「あんなに売れていた書籍の下巻がなかなか出版されなくて心配していた」や
「客注が溜っているので安心した」、「こういう書籍はしっかり販売していく」などの声を頂き、
一安心した数週間でした。

今世紀最大の歴史ミステリー。
人類文明1万年の謎と「 9・11」と「金融危機」の因果がここに解き明かされます。

*『9・11と金融危機はなぜ起きたか!?〈上〉』をまだお読みでない方は
この機会にぜひ、『9・11と金融危機はなぜ起きたか!?〈下〉』とあわせてご購読ください。

 
*全国の書店で販売しておりますが、お手に入らないこともあります。
確実に入手されたい方はぜひこちらからお申込ください。
 
書籍ページへ戻る ←前へ 次へ→