【本のタイトル】

年金ゼロでやる老後設計

購入はこちら
amazon 楽天
 
【著者】
浅井 隆
【定価】

1700円+税

【ISBNコード】

ISBN978-4-86335-203-2

   【内容】
 

政府のウソにだまされないために

今回のコロナ恐慌で、日本国の破産は確実になってしまった。
緊急事態だったため、バラ撒きは仕方のないことだが、
財政という観点から考えると
最後のダメ押しをしてしまったといえる。
財政破綻すると日本円は大きく価値を減らし、
あなたの年金が減額とインフレで今の価値の1/3ほどになる
可能性が高い。これでは到底生活はできないだろう。
しかし、本書を参考にしてきちんと手を打てば何の問題もない。
政府のウソに騙されず、大切な老後資金を殖やす手法を伝える。

   
   【目次】
 

プロローグ
第1章 2030年の日本
第2章 アベノミクスとは何だったのか
第3章 「コロナ恐慌」経由「国家破産」
第4章 2000万円問題のウラ話
第5章 よく計算してみれば、やはり1億円必要だ!
第6章 ハイパーインフレで年金も紙キレに
第7章 誰があなたを介護するのか
第8章 最後に大損するのは国民だ!!
第9章 秘策登場
エピローグ

 
【編集者の声】

皆さんは「年金2000万円問題」を覚えていらっしゃるだろうか。
2019年6月、金融庁が発表した報告書によると、
退職し働いていない高齢夫婦2人が年金だけで暮らそうとした場合、
20年間で約1300万円、30年間で約2000万円足りないというのだ。
それがマスコミによって報道されるやいなや、
「2000万円なんて貯められない」「『年金100年安心』ではなかったのか」
というバッシングが世間を騒がせた。
そして2020年、新型コロナウイルスによって動きが止まった経済対策のために
政府はお金をバラ撒き、ますます国の借金を増やした。
その結果、日本は国家破産することが確実となり、
ハイパーインフレが避けられないことも想定され、
もはや普通の老後を送るには2000万円どころか1億円以上足りなくなってしまっている。
「2000万円だって貯められないのに1億円なんて!
私たちの老後はどうなってしまうのか!?」と絶望するのはまだ早い、と著者浅井隆は言う。
本書では、大切な老後資金を準備する方法、
そして経済動乱の中でも守る方法をお伝えしている。
本書をしっかりお読みいただき、なるべく早く行動を起こして頂きたい。

 
【営業のコメント】

10月に、今年初めての出張営業に出ました。
名古屋を皮切りに、大阪、福岡とおよそ1年振りに各地の書店様を訪問させていただきましたが、
コロナウイルス感染拡大による客数減少と売上減少で、
都内と同じようにダメージが大きい書店様がほとんどでした。
中には閉店し、コンビニに替わっている店舗もありました。
そんな中、今回ご案内したのは新刊『年金ゼロでやる老後設計』です。
1年振りの訪問でコロナ禍の中にも拘らず、担当者様は気持ちよく対応して下さり
感謝の気持ちでいっぱいです。
商談も順調に進み、前著『巨大インフレと国家破産』の追加注文と一緒に
多くの注文をいただくことが出来ました。
各店舗で「コロナに負けないで頑張りましょう」と言葉を交わし、今回の訪問を終えました。

今回のコロナ恐慌で、日本国の破産は確実になってしまいました。
緊急事態だったため、バラ撒きは仕方のないことですが、
財政という観点から考えると最後のダメ押しをしてしまったといえるでしょう。
財政破綻すると日本円は大きく価値を減らし、
あなたの年金が減額とインフレで今の価値の1/3ほどになる可能性が高いです。
これでは到底生活はできないでしょう。
しかし、本書を参考にしてきちんと手を打てば何の問題もありません。
政府のウソに騙されず、大切な老後資金を殖やす手法を伝えます。

 
*全国の書店で販売しておりますが、お手に入らないこともあります。
確実に入手されたい方はぜひこちらからお申込ください。
 
書籍ページへ戻る ←前へ